あなたと二人三脚で

​課題を解決します。

​司法書士にできること

 司法書士は登記をする人というのが一般の方のイメージではないでしょうか。

 もちろん登記は司法書士の主要業務であることは間違いありません。

​ でも、実は司法書士は簡易裁判所での裁判を代理できるなど、とても幅広い業務を扱う事が可能です。

 当事務所では依頼者の要望や状況を詳しく聴き取り、一人一人に最適な手続きを提案し、二人三脚で課題を乗り越えていきます。

 法的な手続きは難しい専門用語が出てきて、一般の方には近寄りがたいイメージがあります。

 私に思いや要望をお伝えしていただき、協力して最善な結果が得られるよう精一杯努力いたします。

​司法書士櫻井事務所3つのお約束

秘密を守ります

 法律的な相談の中には人には知られたくない事もあります。

 当事務所では依頼者の秘密が外部に知られる心配をすることなく安心してご相談していただけます。

事前に見積を提示します

 手続を行うのに費用がいくらかかるかは誰でも気になるところです。

 当事務所では手続を開始する前に見積書を提示して、依頼者が納得した上で手続を進めます。

​ また法テラスを積極的に利用し、依頼者の負担をなるべく少なくできるようにしています。

初回の相談料は頂きません

 費用がかかることを気にして相談するのをためらう方は少なくありません。

 当事務所では初回の30分は相談料を頂いておりません。

​ 法律問題は早めに相談をすることが大切です。早めに相談すれば手続の選択肢が多くなり、より良い結果が得られることが多いです。

​業務内容

​相続

相続手続は何から始めればいいかわからない方がほとんどです。依頼者ごとに適切な手続きを提案します。

​裁判手続

売掛金回収・貸金返済請求・建物明渡請求など簡易裁判所での手続きにおいて代理人として受任します。

​遺言・終活

遺言書の作成・相続税対策・事業の承継など依頼者の細かい要望に応えられる手続きを提案します。

​商業法人登記

会社・法人の設立から役員の変更・解散清算まで法人の登記・法務についてご相談下さい。

​債務整理

債務整理はリスクが少なく生活再建ができます。手続費用は法律扶助を利用すれば負担が軽減します。

大半のケースで経済状況が大幅に改善しますので、ぜひあきらめずご相談下さい

民事信託

成年後見や遺言といった従来の制度では解決できない依頼者の要望に細やかに対応することが可能です。

​依頼者要望をお聞きし最適なご提案をします。

お問い合せ・アクセス

​無料見積依頼

  • Facebook

身近な法律問題についてのブログを公開しています。過去の記事はこちら→

相続手続とは(その3 遺言書)

前回の記事の中で、遺産分割協議は全員が納得しなければ成立しないと書きました。 でも、特に相続人が多い場合などは、全員が納得することはなかなか難しいです。 話し合いがまとまらないと不動産の名義変更ができませんし、銀行の預金は凍結されてしまい引き出すことができなくなります。 ち...

相続手続とは(その2遺産分割協議)

前回は法定相続について解説しました。 今回は相続人の話し合いによって財産の配分を決定する、「遺産分割協議」について解説します。 相続手続の中で最も多く使われる方法で、8,9割くらいのケースでつかわれているイメージです。 皆さんの中にも相続手続のため実印を押して印鑑証明書を取...

相続手続とは?(その1法定相続)

最近相続手続の依頼が多いです。 また、もうすぐ法律の改正があることもあって、テレビなどでも相続手続について取り上げられることも多いです。 このブログでも相続手続についてわかりやすく解説します。 1 法定相続分とは 誰かが亡くなると亡くなった方の財産は遺族の方に引継がれること...

© 2018 司法書士櫻井健一事務所

​個人情報保護方針