手続費用について

相続手続にかかる費用

相続手続の費用は

実費(専門家に依頼しなくてもかかる費用)

報酬(専門家に依頼する場合に発生する費用)があります。

​料金の比較をする場合は報酬部分を見てください。

司法書士の報酬

 司法書士の報酬は実費部分と報酬部分があります。実費とは戸籍謄本や名寄帳の取得費用や、登記申請の際に納入しなければならない「登録免許税」などの税金です。これらは司法書士に依頼せず、自分で手続をする場合でもかかる費用です。自動車を購入する時、カタログに載っている価格に加えて、自動車税や取得税、重量税などが別途かかりますがそれと似ています。

 これらの実費は実際に作業を開始して情報を収集しなければ確定した金額を出すことができません。

 報酬を手続ごとに明示している事務所もありますが、やはり現状の調査を行った後でなければそもそもどういう手続をしなければならないか判明しません。

 また事務所ごとに料金の設定の仕方が違うため、ホームページなどを見ても総額がいくらになるかはわからないと思います。

 当事務所の費用基準も掲載していますが、具体的な金額を知りたい方は見積依頼をしていただくのが一番よろしいかと思います。

 

手続プランごとの一般的な費用

すべておまかせプラン

 

このプランをお勧めする方

 忙しくて平日に動けない方

 亡くなった方の遠隔地に住んでいる方

 報酬

  遺産総額

   500万円まで 33万円

  1000万円まで 44万円

  3000万円まで 55万円

  5000万円まで 66万円

     1億円まで 77万円

     1億円超  88万円

  実費

​   不動産評価額の

   0.4%+3万円程度

      

サービスの内容

 相続手続に必要な各種書類の取得および作成

 不動産登記申請・預金の解約

 生命保険金の請求

​ 官公署への各種届出

不動産登記+預金解約プラン

 

このプランをお勧めする方

 難しい手続だけを任せたい方

 報酬

 ​ 書類作成費22,000円

 +1手続ごと55,000円

  

 実費

  不動産評価額の

  0.4%+3万円程度

     

 不動産登記と依頼者様が希望する預金解約や投資信託等の名義変更手続のみを行います。

​   

書類のみ作成プラン

このプランをお勧めする方

 戸籍収集と書類の作成のみ頼みたい方。

 遺産が銀行預金のみの方

   

  報酬

   33,000円

  実費

   1万円程度

   

 書類のみ作成します手続きはご自分でしていただく事になります。

 相続人が5人を超える場合、不動産の数が10を超える場合は追加報酬を願いする場合があります。 

相続放棄

​亡くなった方に負債がある方

報酬

​ 相続人1人あたり

 44,000円

 同時に複数の方が相続放棄する場合は

 1人あたり33,000円

実費

 1万円程度

​3カ月以内に手続をする必要があります。

© 2018 司法書士櫻井健一事務所

​個人情報保護方針