インターネット回線のセールス電話

 最近自宅と事務所の両方に「インターネットの契約を見直せば月々の利用料が安くなりますよ」という内容の電話がかかってきました。

 「このままでは今使っている電話番号が使えなくなる」などと言って契約を迫ってくる業者もいました。僕も真に受けて手続しないとやばいかもと思ってしまいましたが、さすがにかかってきた電話勧誘に即了承して契約するのは危険なため、情報を収集してから返答しようと思い、「改めてこちらから連絡します」と伝えて電話を切りました。

 本当に電話番号が使えなくなるなんてことがあるのかと思って調べてみると、国民生活センター(独立行政法人という公的機関)のhpに同じ手口で契約を迫る業者がいるという記事があり、悪質な業者からの勧誘であることがわかりました。

 この類の電話勧誘の特徴はNTTの代理店であると名乗って信用させたり、現在の顧客の契約状態を把握していて、それに応じた提案を提案をして信用させようとしてくるところです。

 NTTの関連会社なら信用できると思うと大間違いで、かなり悪質な手口を使う業者もいるようです。

 通信関連の契約は複雑でわかりにくいため、安易に返答をすることは大変危険です。十分に検討した上で契約をすると共に、事前説明とサービス内容が違う場合は解除等も検討してください。

 ちなみに今回のブログを書くにあたって調べた結果わかったことですが、電気通信契約はクーリングオフをすることができないとの事です。

 その代わり「短期契約解除」という手続がありますが、これはクーリングオフと比べて利用者にかなり不利な内容になっています。そのせいもあって強引な勧誘が横行しているのかもしれません。

 短期契約解除の内容は今度のブログの更新で概要をお知らせしたいと思います。


 今回の記事は書くのに時間がかかった・・

16回の閲覧

最新記事

すべて表示

相続手続とは(その3 遺言書)

前回の記事の中で、遺産分割協議は全員が納得しなければ成立しないと書きました。 でも、特に相続人が多い場合などは、全員が納得することはなかなか難しいです。 話し合いがまとまらないと不動産の名義変更ができませんし、銀行の預金は凍結されてしまい引き出すことができなくなります。 ちょうど今年7月から一部を払い戻せるように法律が改正されましたが、あくまでも一部だけです。 それと遺産分割で兄弟や親族間に争いが

相続手続とは(その2遺産分割協議)

前回は法定相続について解説しました。 今回は相続人の話し合いによって財産の配分を決定する、「遺産分割協議」について解説します。 相続手続の中で最も多く使われる方法で、8,9割くらいのケースでつかわれているイメージです。 皆さんの中にも相続手続のため実印を押して印鑑証明書を取ってきてほしいと言われた覚えがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。その際に実印を押す書類が「遺産分割協議書」という書類で

相続手続とは?(その1法定相続)

最近相続手続の依頼が多いです。 また、もうすぐ法律の改正があることもあって、テレビなどでも相続手続について取り上げられることも多いです。 このブログでも相続手続についてわかりやすく解説します。 1 法定相続分とは 誰かが亡くなると亡くなった方の財産は遺族の方に引継がれることになります。 それでは、遺族のうち誰がどの割合で財産を引き継ぐか・・ですが実はそれは法律で決まってい ます。(遺言書がある場合

© 2018 司法書士櫻井健一事務所

​個人情報保護方針